賃貸アパート供給過多の今、賃貸経営は付加価値が求められる

こんにちは、プリンスジュンです。

「空き家」という表現は、一戸建てだけの事をいうのではなく、アパートの空き部屋も「空き家」と言われます。空き部屋だらけのアパートがたくさんあるのに、どうして新築アパートが建築されるのでしょう。建築される度に、二宮町には空き部屋のアパートが増えていくのです。既存のアパート経営者が生き残っていくにはどうしたら良いのでしょうか?

 

今の二宮町の賃貸市場

二宮町の人口は減少しているのに、新築アパートは定期的に建築されています。

駅が近かったり、買物の便が良い場所は早めに満室になりますが、二宮町内でそういった場所は限られています。それ以外のエリアでは、新築アパートだとしても満室までに時間がかかる事もあります。

 

満室にならない新築アパートを見ていると、マーケティング不足を実感しますし、ハウスメーカーによる「家賃保証」「サブリース契約」「30年保証」と、未来永劫続くはずもない営業トークで建ててしまったのだろうなと予想されます。

 

新築でさえも簡単には入居付けできない場所で、築年数の経過したアパートはどうしたら良いのか?

家賃を下げるしかないのか?

 

 

 

付加価値をつける事。コンセプト物件。

 

 空室のある築年数が経過したアパートは、二宮町内に数えきれないほどあります。供給過多の市場で、普通にリフォームしただけでは、お客さんの目に止まる事がありません。家賃を少し下げたとしても、変化はありません。

そういった物件はどうしたら良いかというと、付加価値を付ける事が大切になります。

最近の流行でいうと、以下のような物が挙げられます。

 

・アパート入居者専用wifiで、インターネット使い放題無料。

DIY可(内装など自分好みにカスタムできる。)

・ライフスタイルに特化したコンセプト物件(サーファー向けなど)

 

上記の様な、今までに無い付加価値を今の人たちは求めています。

 

 

例えば、上の写真は二宮町内に今年完成した新築アパートですが、「ガレージ付きアパート」です。

これは、車やバイクが好きな人にターゲットを絞って建築した建物で、1階が入居者専用のガレージで、2階が住居スペースになります。1K+ガレージで、家賃は相場よりもずっと高い設定です。それでも、現在キャンセル待ちが何人もいる程の人気物件です。

 

つまり、滅多に無いターゲットを絞った建物の為、広範囲のお客様から注目され、付加価値によって相場以上の家賃で貸すことが出来ています。

 

 

固定概念を無くす事、付加価値を提供する事

 もう一つ、分かりやすい事例を挙げますと、住宅供給公社による二宮団地のリノベーション制度これは老朽化して空室だらけになった団地を再生する為に、無垢材を使用してスタイリッシュなお部屋に住むことができるプランを用意したり、入居者が自由にDIY出来る制度なども取り入れて、若い人たちをどんどん取り込んでいます。

 

そういった付加価値を付けることによって、築50年経過して不便な場所にあるにも関わらず多くの人たちの呼込みに成功させています。

 

供給過多になっている今の時代、これからの賃貸経営は、今までの固定概念を払拭して、付加価値を提供することを優先して考えないと、お客様に選ばれないと感じています。

 

併せて読みたい記事→成約率・入居率を高めるには「おもてなしの心」が大切

「太平洋不動産」店長。西湘・二宮町を心から愛し、愛されるスーパーナルシスト“プリンス・ジュン”です。日々、古民家や団地などポテンシャルを感じる物件やホットスポットを巡り、ブログやSNS等で二宮の今を発信中。二宮をイケてる町にしたいし、イケてる自分でありたい。二宮町商工会青年部長を務め、地域活性に尽力する。