二宮の海を見守るライフセーバー

夏になってから腹筋トレーニングを始めたって、ビーチボーイにはなれないよと自分に言い聞かせるプリンスジュンです。

 

 

さて、このブログを書いている8月12日(日)は、夏休みの真っ最中。

夏といえば海。海に行けば泳ぎたくなりますが、二宮町の海水浴場は2007年の台風9号直撃の時に無くなりました。その後、西湘バイパス復旧工事、そして浸食した海岸の砂浜を取り戻す養浜を工事を行っており、ずっと再開されていません。寂しいですね。

 

 

梅沢海岸にライフセーバーがいるのは何故?

海水浴場が無くなったという事は、二宮町の海で泳ぐことは出来ません。

でも、なぜか夏休みの時期になると、梅沢海岸でライフセーバーの姿を見かけます。なぜでしょう。そもそもどこから派遣されて来たのでしょう?町でしょうか?

 

聞いてみました。

 

Q:お二人はどこから派遣されたのですか?二宮町ですか?

 

A:いいえ、僕たちは大磯町海水浴場のライフセーバーです。そこから二宮町に派遣されていて、二宮は約10日間ほど監視に来ています。

 

Q:ライフセーバーのお仕事なのですか?

 

A:いいえ、僕たちは東海大学の学生です。大学に「ライフセービングクラブ」という部活があって、そこに僕たちは所属しています。大磯の海水浴場と二宮の海の監視はその活動の一環です。

 

Q:二宮の海での監視で、実際にレスキュー出動した事はありますか?

 

A:いいえ、皆さんマナーを守って海で過ごしていますので、緊急出動はありません。そもそも僕たちの存在自体が抑止力になっていますから。

 

Q:二宮の海には水着ギャルがいなくて物足りなくないですか?

 

A: ・・・ (-.-;)

 

 

 

 

パトロールありがとうございます!

この時期になると、「BBQに来ていた男性が川に飛び込み死亡。」「海で泳いでいた中年男性が溺れて死亡。酒に酔っていたとの事。」みたいなニュースを耳にする事が増えますよね。その場所が自分の住む町だったら悲しみは大きくなります。

 

お酒が入ると、人は心理が変化して、予想もつかない行動をとってしまう事があります。ましてや「夏の海」のような開放的な場所であれば尚更でしょう。

 

そんな私たちを監視してくれているライフセーバーに感謝を申し上げます。

 

 

 

あの夏を忘れない

これは、約30年前の二宮の海の写真。今では考えられない風景ですね。

私が子供の頃は、砂浜があり、多くの人で賑わっている海でした。

あの夏を忘れない。

もう一度、取り戻そう、二宮の砂浜。

 

 

 

 

あと、プールも。

「太平洋不動産」店長。西湘・二宮町を心から愛し、愛されるスーパーナルシスト“プリンス・ジュン”です。日々、古民家や団地などポテンシャルを感じる物件やホットスポットを巡り、ブログやSNS等で二宮の今を発信中。二宮をイケてる町にしたいし、イケてる自分でありたい。二宮町商工会青年部長を務め、地域活性に尽力する。