二宮町・川勾神社の例大祭「みそぎ祭」を拝見しました

こんにちは!生まれてから一度もお神輿を担いだことが無く、法被(はっぴ)も着た事が無いプリンスジュンです。ただ担ぐ機会がなかっただけで、担いだらハイテンション・ジュンになる気がします。。

 

さて、10月14日(日)は川勾神社の例大祭が斎行されました。

クライマックスのみそぎ祭(浜降り祭)を見に行ってみました。

 

 

一日かけて神社神輿が町内全域を練り歩く

川勾神社の例大祭は毎年10月の第2日曜日に実施されています。町をあげての祭礼で、早朝から夜にかけて上のスケジュールに合わせて神社神輿が町内全域を練り歩きます。のぼりや各地区の高張提灯を掲げた勇壮な渡御が見ものです。

 

 

 

クライマックスのみそぎ祭(浜降り祭)

例大祭クライマックスのみそぎ祭(浜降り祭)は梅沢海岸で午後5時10分頃から始まりました。浜に立てた2本の竹を目印に、明かりをつけた高張提灯と神輿が8の字を描くように3周するのです。

 

その時の様子をどぞ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜降りキタ━(゚∀゚)━!

 

 

 

 

この時、花火も打ち上がって、テンション上げ上げでしたよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

宮入りまで再び渡御する

先導御輿も加わり、宮入りまで再び渡御する。

 

 

 

 

話変わります。

 

仕事を休む勇気だって必要

この日はこの例大祭の他、二宮町のマルシェ「たびするくま」も開催されました。どちらにも顔を出して、多くの人に声をかけて頂き、とても楽しいひと時を過ごす事が出来ました。イベントの多くは土日祝日です。不動産屋は土日祝日が勝負の業種なので、イベントの殆どは参加することが出来ませんでした。それは、それだけ多くの幸福を逃していることになります。人生なんてあっという間に終わってしまうのだから、土日勝負の業種の人だとしても目先の利益にとらわれず、たまには仕事を休む勇気と努力が必要だ。だって、そこで得られる幸福感はプライスレスなのだから。

「太平洋不動産」店長。西湘・二宮町を心から愛し、愛されるスーパーナルシスト“プリンス・ジュン”です。日々、古民家や団地などポテンシャルを感じる物件やホットスポットを巡り、ブログやSNS等で二宮の今を発信中。二宮をイケてる町にしたいし、イケてる自分でありたい。二宮町商工会青年部長を務め、地域活性に尽力する。