秋の夕日に

こんにちは!プリンス・ジュンです。

 

日が暮れるのがとても早くなり、秋らしさをグッと感じる今日この頃です。

皆様も忙しい毎日をお過ごしではないでしょうか?

 

今日は、私が今までに撮ってきた二宮町の夕焼けの写真を掲載します。

 

二宮町は空が広いから夕焼けが綺麗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山西から見た夕焼け

 

 

秋の夕日が綺麗な科学的根拠

①秋は大気中の埃が少ない

秋以外の季節は大気中にほこりがあります。そのほこりの原因は、黄砂、花粉、風によって巻き上げられた土ぼこりがあるのです。冬は低温で地面が湿りがちなため、ほこりがよく定着しているそうです。こうした「ほこり」が、夕焼けの光を妨げることになります。これらの埃が秋にはあまりないのです。

 

 

②空気が乾燥している

季節が冬に近づくにつれて、空気が乾燥します。これは、空気中に水分が少なくなっていることが理由です。空気、いわゆる大気が乾燥すると、光や遠くの景色を妨げる水分が少なくなる為、空がはっきりと綺麗に見えるのです。その分光も見えやすくなり、よりクリアで綺麗な夕日となるわけです。室内でお湯を沸騰させると、水蒸気が立ちのぼり、徐々に部屋に霧かモヤがかかったように見えますね。大気でも同じ現象が起きているわけです。

 

 

③私たちの活動時間

秋に毎日夕焼けが見られるのは、もしかすると、私たちの活動時間も要因の一つと言えるかもしれません。夏だと、日没が19時を過ぎてからになり、その時間帯にはたいてい家で過ごしているということになれば、夏に夕焼けを見ることはなくなります。春も、5月にもなれば日没は19時頃になっています。日没の早い秋から冬にかけて、帰宅時間に合わせて夕焼けに遭遇する機会が増えとも言えますね。

 

 

まとめ

「夕日・夕焼け」の美しさは秋の象徴ともいえるものですが、日に日に短くなるのを意識するからこそ、その美しさをより一層感じることができるのではないでしょうか。空が広く、夕映えする二宮町。貴方はその夕焼けをどこから見ますか?誰と見ますか?

 

私の心が夕焼けてゆきます・・・

「太平洋不動産」店長。西湘・二宮町を心から愛し、愛されるスーパーナルシスト“プリンス・ジュン”です。日々、古民家や団地などポテンシャルを感じる物件やホットスポットを巡り、ブログやSNS等で二宮の今を発信中。二宮をイケてる町にしたいし、イケてる自分でありたい。二宮町商工会青年部長を務め、地域活性に尽力する。