「湘南にのみや海岸530(ゴミゼロ)キャンペーン」に参加してみて

こんにちは!

都会の人ゴミが苦手で、都会には行くことが無くなったプリンスジュンです。

 

 

二宮町梅沢海岸で一斉清掃が行われました

さて、本日5月27日(日)に二宮町の梅沢海岸で毎年恒例「湘南にのみや海岸530(ゴミゼロ)キャンペーン」が行われました。

 

 

 

私は、二宮町商工会青年部として参加いたしました。

二宮町内のたくさんの団体の方々が参加しました。

 

 

 

二宮町長のご挨拶

 

 

 

 

みんな二宮町が大好きだから。

二宮町の綺麗な海が自慢だから。

 

 

 

にのみやLOVERSのみんなと記念写真(メンバー募集中!)

 

みんなに顔出し承諾頂きました!

 

 

 

 

 

そもそもゴミって何だ?

ウィキペディアによると、ごみとは、 ものの役に立たず、ないほうが良いもの。利用価値のない こまごました汚いもの。「ちり」「あくた」「ほこり」 つまらないもの。「ごみ情報」などと使う。 濁水にとけて混じっている泥。と表記されています。

 

「くず」や「かす」は、ものを削るか切るなどによって残った部分を指すため通常は「ごみ」とはいわれないそうです。

 

 

 

 

ゴミと空き家の共通点

「利用価値のない」という表現は、見る人の判断によるので、「再利用」や「アップサイクル」というものがあるのでしょう。地球の資源から人が作りあげた物。それらは時の流れと共に価値を無くし捨てられてしまうことが多い。視点を変えればお宝になる新たな可能性を秘めています。

 

ふと、リンクしましたが、不動産も一緒ですね。見る人の視点によって、価値が蘇ることもあれば、一瞬に壊されてしまう事もある。「リノベーション事業」の業界の伸びは、物の価値が見直されている現代を反映しているといえるでしょう。

 

 

ゴミ拾いを通して、そんな事を考えたのでした。

「太平洋不動産」店長。西湘・二宮町を心から愛し、愛されるスーパーナルシスト“プリンス・ジュン”です。日々、古民家や団地などポテンシャルを感じる物件やホットスポットを巡り、ブログやSNS等で二宮の今を発信中。二宮をイケてる町にしたいし、イケてる自分でありたい。二宮町商工会青年部長を務め、地域活性に尽力する。