匿名掲示板のコメントを通して、肖像権について考える。

こんにちは!プリンスジュンです。

キャンドルジュンではありません。

 

某匿名掲示板で私に向けたコメントがあったのでご紹介。(たまに私の話題で炎上している。)

 


一部抜粋

二宮町の関係の不動産屋や経営者の方々のブログなどをよく見るんだけど、ネット上に動画や写真をあげる時にモザイクなしなのが気になる。ここ見てたらやめてもらえると助かります 。

(二宮町内の不動産屋で動画を含んだブログ書いているの私だけ。)

 

普通は無許可で人などを写す場合にはモザイクぐらいはかけるの当たり前だろうに… こういうとこからも二宮の人って気がきかないというかモラルが足りないんだな~って思っちゃうね(笑)

 

なぜ写るのが嫌かと言うと住んでいる場所が分かる事により子供が犯罪に巻き込まれる可能性があるからです子供が居ない方にはわからないと思いますが

以上


 

飲食店の店内の様子でお客様の顔はぼかしたりして気を付けていたつもりですが、嫌な思いをしている方がいる事は事実です。

 

配慮が足らずご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

 

 

 

肖像権が問題

まず、大前提として写真を撮る事自体は、原則自由。誰がどこで写真を撮るのも自由。
 しかし、「他人の権利を侵害してしまう」のがNG。

 

例えば、すっぴんの状態とか、人に見られたくないかっこうとかでお出かけしている姿が知らぬ間にネットに勝手に公開されていたら嫌ですね。

 

写真を公開することで、いつどこで何をしていた、という他人のプライバシーを公開してしまうことが、肖像権上問題だそうです。

 

「それを公開されることで恥ずかしい、嫌だ」と思われることが肖像権を侵害しているということになります。

 

コメントした人が一番懸念している「子供が犯罪に巻き込まれる可能性がある。」という部分は、情報発信する私は意識をしていませんでした。たまたま匿名掲示板を閲覧していたので知る事ができた声です。

 

 

 

 

イベント写真の判断が難しい

 

例えば人の顔にこの様にモザイクを入れて、この写真を見て、「楽しそう!行ってみたい!」と思うだろうか?

 

人の表情が見えないと、何を伝えたいのかよく分からない写真になってしまいます。本当は皆笑顔で、ここの場所がとても賑やかで楽しい場所という事が伝わる写真です。

 

とは言っても、それは情報発信する私の勝手なエゴだというのは承知しています。

 

「二宮町の魅力を伝えたい」と始めたこのブログ。今後も、二宮町内の飲食店やイベントの様子を伝えていきたいので、十分注意していきたいと思いますが、イベント写真を魅力ある記事にするには、掲載判断が難しいなぁとも思います。

 

 

 

肖像権は「人への思いやり」が基本

で、プリンスジュンは何が言いたいの?

 

はい、匿名掲示板のコメントを通して、「配慮や思いやり」が足りていなかった事に気が付きましたので、情報発信する際はプライバシーや肖像権の観点から問題はないかどうかを十分に検討したいと思います。

 

 

 

「太平洋不動産」店長。西湘・二宮町を心から愛し、愛されるスーパーナルシスト“プリンス・ジュン”です。日々、古民家や団地などポテンシャルを感じる物件やホットスポットを巡り、ブログやSNS等で二宮の今を発信中。二宮をイケてる町にしたいし、イケてる自分でありたい。二宮町商工会青年部長を務め、地域活性に尽力する。